投資と賢いおつきあい

 
 
 
LINKS
安心情報

知っておきたい事


リンクMENU

レバレッジ効果

 
サイトインフォ

 ルール

 担当者 

 
 
 

為替取引は1日中可能

f89o 為替市場は、世界中の時差による取引時間の違いで、徐々に移っていきます。なぜ為替市場に時差が関係しているかというと、為替市場というのは場所として存在するのではなく、市場参加者が増えて取引が活発化する時間を、その地域の時間としているだけだからです。しかもサマータイム制の導入で、季節によって1時間程度のずれがあります。

ウェリントン市場:午前4時頃
シドニー市場:午前6時頃
東京市場:午前8時頃
シンガポール市場:午前10時頃
バーレーン市場:午後2時頃
ロンドン市場:午後4時頃
ニューヨーク市場:午後9時頃

主要な為替市場と、日本時間を基準とした動きを並べるとこのようになりますが、この他にも、香港、チューリッヒ、フランクフルトなども加わり、オセアニアのハイローオーストラリアからスタートして、アジア、中東、ヨーロッパ、アメリカというサイクルです。

ニューヨーク市場が日本時間の夜から朝までなので、ニューヨーク市場が終わるころにはオセアニアで始まり、そしてまたニューヨーク市場で終わるように、常に市場はオープンしているということです。FXが24時間取引可能なのは、こうして世界中のどこかで取引が行われているからです。

為替市場というのは、一斉に開いて一斉に閉じるというものではなく、世界中で誰も参加していなければ存在しません。しかしそのようなことは決してなく、各地域の昼間の時間も異なるため、どの地域においても少しずつ参加者が増え、市場が活性化する時間があって、やがて参加者が減って別の地域へ移っていく流れを繰り返します。この市場参加者の移り変わりから、取引が集中している地域を市場と呼んでいます。

昼間に取引できなくても夜に取引できる
為替市場が1日中開いていることは、市場参加者にとって時間を問わないという大きなメリットをもたらします。日中に仕事で忙しいとなかなかFXはできませんが、夜でも取引できるFXは、他の投資に比べて利用しやすい方法だと言えます。

また、夜にFXで取引することは、他の面でも利点があり、それはロンドン市場やニューヨーク市場という、取引量の大きな市場が夜にあることです。特にニューヨーク市場は投機筋の参加や、経済指標の発表で大きく値動きを見せることから、短時間での売買を目的としているなら、夜の時間が向いていると言えるでしょう。

もちろん、昼間の都合が良ければ他の市場に参加できますし、自分の生活スタイルと投資のスタイルに合わせて、市場を選んでいくのも大切なポイントです。