投資と賢いおつきあい

 
 
 
LINKS
安心情報

知っておきたい事


リンクMENU

レバレッジ効果

 
サイトインフォ

 ルール

 担当者 

 
 
 

レバレッジ効果により利益率を高める

fsdfoiu9o 取引手数料無料のアイフォレックスや為替取引がここまで一般化したのはインターネットによる取引が可能になって以来のことですが、自己資金をもとに他人資金を使って利益率を高めるというレバレッジの原理は、金融業で古くから用いられてきた仕組みです。株取引においても保有した株式を担保に二階建て、三階建ての信用取引が可能ですが、FXでは日本国内で25倍、海外では数百倍のレバレッジをきかせることができます。
参照: バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記

25倍のレバレッジをきかせると、自己資金が100万円ならば2500万円まで取引ができます。100万円で利回り5%の取引ならば、利益が単純に25倍になるので利回りは125%にも達するのです。確実に利益が見込めるような状況では、レバレッジは大きな効果を発揮します。

利益率が高いということは、資金が少なくても大きな利益を得られるということです。株取引が大きな元手を必要とするのに対し、FXではより少額の資金で利益を稼ぎだすことが可能なのです。


レバレッジが効果を発揮するための前提条件とは

レバレッジには利益を倍加させる作用と同時に損失も同じように倍加してしまう性質があります。レバレッジは本質的には為替の値動きを数倍にしてしまうのと同じ効果なので、リスクも同じように膨らんでしまうのです。

このことからレバレッジは確実性の高い投資で用いられることが前提となっています。多少利益率が低い投資でも、25倍のレバレッジをかければ利益はかなりのものになります。レバレッジがもっとも効果を発揮するのは、確実性は高いが利益は少ないという投資に対して、その利益を大きくするといった使い方のときなのです。

FXでもこれは基本的な考え方になります。確実性が低い状態でレバレッジをかければ、膨れ上がった損失リスクにあっという間に自己資金を食い尽くされてしまうでしょう。通常はほとんどレバレッジをかけずに様子見を行い、必ず勝てると踏んだ時だけレバレッジを上げるというのが原則です。そして少しでも危ないと感じたらすぐに損切り撤退を行いましょう。

FXといえば高レバレッジというイメージがあるので(例えばiForexは400倍まで)、いきなり初手から10倍以上のレバレッジをかけて取引に入る方がおられますが、これではあまりにリスクが高すぎます。自己資金に対する許容損失額の割合を計算し、何回の損切りに耐えられるかなどを計算し尽くしたうえでレバレッジの管理を行いましょう。