投資と賢いおつきあい

 
 
 
LINKS
安心情報

知っておきたい事


リンクMENU

レバレッジ効果

 
サイトインフォ

 ルール

 担当者 

 
 
 

投資で賢く儲ける方法は出来るだけ早いスパンで
利益を回収していく事

fsdf89o その理由は一番は、最近の世界情勢や国内情勢の変化が著しいからです。それは経済の動きだけでなく、民族の移動や大規模な地震、水害、台風、そしてエボラ出血熱といったウィルスの感染などで、株価や輸出入の動きが大幅に変化しているからです。こういった急な災害やウィルス感染等の動きだけはプロでもなかなか読めません。それはある日突然急に起こってくるからです。

一昔前だったら株や投資信託は数年、10年以上といった長いスパンで所持しながらその分配金をしっかりもらっていくのが一般的でしたが、最近ではあまりにも世界情勢の変化が著しいので、月々の分配金性にして長く所持しておくよりは、分配金を受け取らずに毎月再投資に回して、もし利益が数パーセントでも出たら、その都度売却してまた基準価格が下がった時に再投資するのが賢いやり方です。

その訳は毎月分配金をもらっていたとしても果たして解約した時にちゃんと利益を得ているのかといった事がわかりずらい点と、少しでも儲けれるチャンスを実はその都度逃している可能性が高いので、年に何度でもあるチャンスをしっかり利益としてゲットしていく方が賢い投資法なのです。

100万円を一つの投資信託の銘柄に預けていたとして、3%の利益が出たから解約して、手数料を引かれたとしても2万5000円以上の利益がもらえます。

そしてまたその100万円は投資信託の基準値が下がった時に、10~20万円ずつといった形で少しずつ買い足していけばいいのです。そうすると同じ100万円の資金でも年間に3~7回は回せるので、実際には100万円しか投資金額がなくても300~700万円投資している事になります。

そうなってくると100万円でも年間10%以上の利益を得る事が簡単に出来るのです。最近では災害や世界情勢、政治の動きが著しいから、ずっと大きな動きを待っているよりは小さな利益でも一つずつ物にしていく方が勝てるのです。

株だと世界経済や日本の輸出入といった細かい分析が大切ですが、投資信託の場合には特に政治や世界情勢、経済の動きをそこまで細やかにチェックしていかなくても数字だけを追っていけば勝てます。

もうバブルなんて時代は来ないと思って、現代の小さな景気の上がり下がりだけでも勝てるように気持ちを切り替えていく事が大事です。毎回小さな利益でも勝ち続ける事が大事なのでした。